愛知県津島市大坪町字壺里15番地|株式会社HANA

アスベストの調査が義務化されました!必要な資格と罰則は?

解体に役立つ情報

2022年9月21日

アスベストの調査が義務化されました!必要な資格と罰則は?

アスベストとは?

 

アスベスト(石綿)とは、天然の鉱石の中に含まれる繊維状の鉱物のことです。

 

鉱石とは、鉱物を含む岩石のことを指しますが、アスベスト(石綿)は鉱石の中に繊維の形で存在しています。

また、アスベスト(石綿)は目に見えないほど小さな物質であることが特徴です。

 

アスベスト(石綿)は耐久性、耐熱性、耐薬品性、防音性などに優れた性質を持っていること、また、カナダや南アフリカをはじめとして世界各地で産出されたため、安価で入手することができました。

 

断熱材として使用されてきました。

 

アスベストの健康被害は?

 

アスベスト(石綿)が特に問題となっている点は、肺の病気を発症する可能性がある点です。

アスベスト(石綿)を原因とする肺の病気としては、肺がんのほか、中皮腫、石綿肺、びまん性胸膜肥厚があります。

 

さらに、アスベスト(石綿)を原因とする肺の病気は、潜伏期間が長いことが特徴です。

厚生労働省によると、肺がんの潜伏期間は15年から40年、中皮腫の潜伏期間は20年から50年、石綿肺の潜伏期間は15年から20年とされています。

 

本国内では現在、製造・輸入・新規使用が認められていません。

 

 

 

アスベストはいつからいつまで使用されていたのか?

 

アスベストがいつから使われ始めたかというと、1941年頃からです。

1955年から1960年代になると日本は高度成長期に突入し、使い勝手の良いアスベストは多くの建築物に使用されることになります。

 

アスベストの使用に関する法改正が行われたのは、1975年のことです。この時の法改正では使用の禁止ではなく、「アスベスト含有量が5%を超えてはいけない」というものでした。

 

その後1995年には「アスベスト含有量が1%を超えてはいけない」2006年には最終的に「アスベスト含有量が0.1%を超えてはいけない」と制限されています。

 

 

令和4年4月からアスベストの事前調査が義務化になりました。

 

2020年からアスベストの事前調査は義務化されていました。

2022年4月には、さらに調査結果の「報告」義務が追加されます。

 

これらの規定に違反すれば、アスベスト解体工事に関連する補助金を申請できず、また罰則の対象となることに。

更に調査結果を報告しなければ、工事に関する補助金を申請できません。

 

 

アスベストの事前調査は補助金が出ます。

 

民間建築物に対する石綿(アスベスト)調査等に関して国(国土交通省)は補助制度(住宅・建築物アスベスト改修事業)を創設しており、補助金制度がある地方公共団体において、活用することができます。

 

補助対象とする石綿(アスベスト)は、吹付けアスベスト、アスベスト含有吹付けロックウールです。

※ 補助制度がない地方公共団体もありますので、詳細はお住まいの地方公共団体にお問い合わせください。

 

  • 【① 対象建築物】:吹付けアスベスト等が施工されているおそれのある住宅・建築物
  • 【② 補助内容】:吹付け建材中のアスベストの有無を調べるための調査に要する費用
  • 【③ 国の補助額】:限度額は原則として25万円/棟(民間事業者等が実施する場合は地方公共団体を経由)
  • ※1)アスベスト含有調査で補助対象としているのは、吹付けアスベスト、アスベスト含有吹付けロックウールです。

 

 

除去工事をしたいのですが、補助金制度はありますか?

 

民間建築物に対する石綿(アスベスト)除去、または囲い込み、封じ込めに関して国(国土交通省)は補助制度(住宅・建築物アスベスト改修事業)を創設しており、補助金制度がある地方公共団体において、活用することができます。

 

補助対象とする石綿(アスベスト)は、吹付けアスベスト、アスベスト含有吹付けロックウールです。

※ 補助制度がない地方公共団体もありますので、詳細はお住まいの地方公共団体にお問い合わせください。

 

  • 【① 対象建築物】:吹付けアスベスト等※1が施工されている住宅・建築物
  • 【② 対象とする費用内容】:対象建築物の所有者等が行う吹付けアスベスト等の除去、封じ込めまたは囲い込みに要する費用(建築物の解体・除去を行う場合にあってはアスベスト除去に要する費用相当分)
  • 【③ 国の補助率】: 地方公共団体の補助額の1/2以内(かつ全体の1/3以内)
  • ※1)アスベスト除去等で補助対象としているのは、吹付けアスベスト、アスベスト含有吹付けロックウールです。

 

 

アスベスト調査の費用相場

 

一連の調査を依頼する場合には、30,000円~100,000円程度の費用がかかります。

 

アスベストレベル (詳しくは後述) や建物の広さ、サンプルの採取の有無、分析検査の有無などによって費用が大きく変わりますので、あくまでも大まかな目安としてお控えください。

 

 

アスベスト除去工事の費用相場

 

先にも述べたように、アスベスト除去工事は通常の解体工事とは別料金となります。

 

アスベストの除去工事には、相応の保護具が必要になり、特別な廃棄処分を行わなければならないため、その分だけ費用がかかることになります。

以下に示すのは一般的なアスベスト解体工事の費用の目安です。

 

ただし、こちらも調査と同様に、建物の種類、アスベストレベルや建物の広さで大きく変動します。

詳しくは、工事業者に見積もりを依頼し、費用感を把握しましょう。

 

面積 費用単価
300㎡以下 2.0万円/㎡ ~ 8.5万円/㎡
300㎡~1,000㎡ 1.5万円/㎡~ 4.5万円/㎡
1,000㎡以上 1.0万円/㎡ ~ 3.0万円/㎡

 

※場合によっては、この金額の範囲におさまらない場合もあります

 

 

 

アスベストの事前報告をしないと、どんな罰則が科せられるのか?

【除去対象】:吹付材(レベル1)、断熱材・保温材・耐火被覆材(レベル2)、成形板(レベル3)

 

作業基準に違反した際は、適合命令や作業の一時停止命令が出される。

 

上記の命令に違反した際は罰則(6月以下の懲役又は50万円以下の罰金

アスベスト除去作業は適切な処理をきちんと行わなくてはならず、工事前に「工事計画届」を労働基準監督署長に提出する必要があります。

 

違法なアスベスト(レベル1、レベル2)の除去作業をした際は罰則(3カ月以下の懲役または30万円以下の罰金

 

法律で決められた除去方法での施工や、飛散防止対策がしっかり行われていない場合が対象となります。

解体工事の際、アスベスト除去を行う場合は、「特定粉じん排出等作業の届出」を都道府県知事へ提出する必要があります。

 

HANAではアスベストの資格を持っています。

総合解体業·產業廃棄物収集運搬業
・石綿取扱主任者
・石綿取扱責任者
・石綿取扱作業従事者
・一戸建て等石綿含有建材調査者
・一般建築物石綿含有建材調査者
・特別管理產業廃棄物管理責任者

 

 

安心してお仕事お任せください。

 

解体費用を知りたい方、費用にご不安がある方是非

株式会社HANAにお問い合わせ下さい!!

お客様のご希望に少しでもお応えできるようにご相談のります!!

お気軽にお問い合わせ下さい

【住所】愛知県津島市大坪町字壺里15番地
【TEL 】0567-69-4586
【FAX 】0567-69-4587
株式会社HANA

 

 

↓こちらの記事もオススメ↓

 

解体工事の目安期間を解体業者が徹底解説!!

 

解体業者が教える解体費用の相場を徹底解説!Part1

 

関連記事

2021年9月1日

解体業者が教えるこんな解体業者はNG

lifeline_eyecatch_r

2021年9月18日

解体工事前のライフライン(電気・ガス・水道)の止め方を徹底解説

2021年7月3日

解体業者が教える解体費用の相場を徹底解説!Part1

2021年8月10日

解体業者が教える解体費用が高くなる要因BEST5

会社情報

名古屋市、愛知・岐阜・三重を中心に原状回復のお手伝いをさせていただいております!

株式会社HANA

〒496-0012 愛知県津島市大坪町字壺里15番地

お問い合わせ